文字の大きさ
看護部の紹介

看護部長

副院長、看護部長
中畑 高子

看護部長挨拶

看護のプロとして倫理感と実践力を身につけ
チームの一員として貢献する

当院は世田谷区の中核病院として、高齢者の急性期医療を軸に、質の高い医療・看護の提供に努めています。そのため私達は“自分の頭で考え・判断し・主体的に行動できる看護師の育成”に力を入れています。そして、看護のプロとして必要な倫理感と実践力を身につけたうえで、医療チームの一員として貢献することを目指しています。

これからの医療は、病院と地域との連携が欠かせません。そうした中で私たち看護師は、入院を患者さんの日常生活の一部と捉え、入院前・退院後の生活をイメージし、患者さんとご家族ができる限り自立した生活を送れるよう支援しています。

また看護部では、職員一人ひとりが将来の目標とやりがい、自信と誇りをもって働ける環境づくりにも力を入れています。その一環として教育制度はもちろんのこと、育児支援やワークライフバランスの充実に取り組んでいます。当院の姿勢に共感してくださる方の活躍を楽しみにしています。