文字の大きさ
リソースナース

がん看護専門看護師

がん看護専門看護師とは、がん医療の高度化・専門分化が進むなか、看護の広がりと質の向上を図るために、日本看護協会が定めた制度で認定された「複雑で解決困難な看護問題を持つ個人、家族及び集団に対して水準の高い看護ケアを効率よく提供するための、特定の専門看護分野の知識及び技術を深めた者」なっています。
がん患者の身体的・精神的・社会的・スピリチュアルなどさまざまな苦痛を理解し複雑に絡み合った看護問題の本質を明確化し、理論的根拠に基づき、患者やその家族に対してQOL(生活の質)の視点に立った高水準の看護を提供しています。

井本 俊子 がん看護専門看護師

がん看護専門看護師

 がん患者さんとご家族にQOLの視点に立った質の高い看護を提供

がん看護専門看護師は、がん医療の高度化・専門化が進む中、看護の広がりと質向上を図るために活動すると共に、患者さんとご家族に対してQOLの視点に立った質の高い看護を提供する役目を担っています。
主な活動としては、疾患と治療による副作用の症状緩和や精神的苦痛の緩和、ご家族のサポート、退院指導や療養環境に関するアドバイス、看護師へのコンサルティングなどが挙げられます。また、看護外来である「がん看護相談」も実施しています。
さらに緩和ケアチームとの事例検討や、外来の看護師やソーシャルワーカーのカンファレンスに参加するなど、さまざまなチーム・職種と連携し、医療の質向上を図っています。

ストーマケアを通じてがん看護の必要性を痛感して専門看護師に

私は以前、皮膚・排泄ケア認定看護師としてストーマケアを行っていました。当時、当院でストーマを装着する患者さんの大半はがん患者さんで、緊急でストーマをつけなければならなくなった方でした。適切な治療やストーマケアをしても「つらい」と訴える方が多かったため、根本であるがん看護に取り組む必要性を感じました。
専門看護師になったことで、患者さんやご家族からの相談を受け、理論に基づいた指導やアドバイスができるようになりました。その中で、希望をもって、がんと向き合うようアドバイスできるようになったことが大きな収穫だと感じています。
また、看護実践に看護理論を組み込んだ「実践的看護理論」の研究も行っています。このように看護の幅が広がったことで、私自身もよりやりがいをもって働けるようになりました。今後は当院のがん看護のベースアップを図ると共に、地域医療への貢献に力を入れていきたいと考えています。

活動内容

活動としては、がん患者・家族の悩みや相談、チーム医療で活動する時のメディカルスタッフ間の意見調整、院内看護師からの相談対応や指導を行っています。

  •  病気や治療の副作用などの症状緩和
    (疼痛・吐気・嘔吐・呼吸困難・倦怠感・せん妄など)
  • 家族へのサポート
  • がん患者の退院指導や療養環境に関する情報提供
  • 患者や家族や医療者が緩和ケアを切り出せず、話し合えない場合などの調整
  • 倫理的ジレンマ(告知の問題・鎮静・治療の中止や選択の問題など)の調整
  • 患者と家族の意見が違ってどうしたらよいか悩んでいる際の調整
  • 患者の心理的苦痛に対する直接ケアに対する相談
  • 研究に関する相談
  • 資格(専門看護師や認定看護師)に関する問い合わせ

相談時間

患者支援センター がん看護相談 
緩和ケアチーム専従看護師 がん看護専門看護師 井本俊子
受付時間 8:30~16:00

お困りの方や相談をご希望方は、ご遠慮なくお声を掛けてください