文字の大きさ
各部署紹介

血液浄化室イメージ

血液浄化室イメージ_2

血液浄化室

開設17年目を迎える当院の血液浄化室は、主に慢性腎不全患者さんの透析導入、急性腎不全の緊急透析療法、血漿交換などの除去療法や潰瘍性大腸炎のG-CAP療法、腹水濃縮濾過(CART)などの治療を行っています。また近隣の透析施設で維持透析中の方が、当院での入院治療を必要とされるときには、かかりつけの施設と情報交換しながら入院中の透析治療を行います。その他に当院にかかりつけの維持透析の方が、外来透析患者さんとして通院しています。

当院のスタッフは、室長の医師と臨床工学技士が3名、看護師は師長とスタッフ5名の総勢10名という小さな単位で協働しています。また、入院患者さんの疾患によっては循環器内科・代謝内分泌科・消化器内科・外科など、他にも様々な科と連携をしながら安全に透析治療が行われるように気を配っています。透析は月水金曜が2クール、火木土曜は1クールというスケジュールで行われるため、看護スタッフは月水金には日勤と遅番という時差勤務をしています。

透析患者さんの高齢化や導入時年齢の上昇など、時代に即した問題に取り組みながら安心安全な透析治療を提供するようこれからも努めていきます。