文字の大きさ
リソースナース

BLSインストラクター

"ついさっきまで変わりなかった患者さんの容体が急変する"病院では時にこのような状況が発生しますが、有効な胸骨圧迫や人工呼吸ができなければ後遺症のない救命はできません。的確に状況判断をし、質の高いBLSを実践出来るよう当院では入職者や新人看護師へ講習会で指導しています。

聖前 美知子 BLSインストラクター

BLSインストラクター

適切な救命処置のスキルを身につけ、急変した患者さんの命を救う

「ついさっきまで変わりなかった患者さんの容体が急変する」という状況は、病院ではいつでも起こりうることです。そして、このような状況に最初に遭遇するのは、看護師です。急変時に有効な胸骨圧迫や人工呼吸ができれば、後遺症のない救命につながる可能性は高まります。 BLSインストラクターは、このような状況下において的確に判断し、質の高い救命処置を実践できるよう、研修を開いて指導しています。

新人研修にBLS研修を設けて新人看護師の不安を軽減

新人看護師の方にとって、患者さんの急変に遭遇することは大きな不安だと思います。しかし、事前にシミュレーションをして正しい知識を学んでいれば、いざという時に役立ちます。そのため当院では1年目のはやい時期にBLSの研修を設けています。さらにフォローアップ研修では、実際に救命処置を行った新人看護師の体験談を共有して、適切に対応できる力を養います。正しい知識をもたずに救命処置を行った場合、患者さんの生命に関わるのはもちろんのこと、看護師も「これで良かったのだろうか」という想いが残ってしまいます。このようなことをできる限り防ぐためにも、これからもインストラクターとしての活動を続けていきたいです。