文字の大きさ
看護部の活動

チーム医療の推進

チーム医療の推進

褥瘡対策チーム

褥瘡対策チーム

褥瘡対策チームの概要・目的

褥瘡対策チームは、医師、薬剤師、管理栄養士、看護師で構成され、院内褥瘡対策の推進と管理を行っています。
週1回の褥瘡回診では、個々に応じた治療とケアを実践しています。
毎月の褥瘡対策委員会では、褥瘡発生率の分析や発生要因の特定など院内の褥瘡対策を検討、勉強会の開催などチーム活動の推進を図っています。

感染対策(ICT)チーム

感染対策チーム(ICT)

感染対策チームの概要・目的

感染対策チームICTとはインフェクションコントロールチーム(Infection Control Team)の略称で、病院内で起こるさまざまな感染症から患者さん・ご家族・職員の安全を守るために組織的に活動しています。医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師、管理栄養士など多職種で構成し、専門的な知識に基づいて病院全体の感染管理活動を行っています。

緩和ケアチーム

緩和ケアチーム

緩和ケアチームの概要・目的

緩和ケアチームは、緩和医療についての高い専門知識や資格をもつ医師、薬剤師、看護師がチームを組み主治医や病棟看護師と協力し、あらゆる種類のがんに対して、それぞれの患者さんに適した苦痛緩和と提案、支援させて頂きます。がんの集学的治療が円滑に遂行できるようにさまざまな手段を提唱いたします。

地域医療連携チーム

地域医療連携チーム 

地域医療連携チームの概要・目的

当院は地域医療支援病院として地域から選ばれる病院を目指し、患者さんにとって切れ目のない医療、また安心して療養生活が継続して送れるよう取り組んでいます。地域医療連携チームは、地域と病院との橋渡し的な役割を担い、前方連携・後方連携を事務・MSW・医師など多職種と協働しながら行っています。

栄養サポートチーム(NST)

NSTチームイメージ

栄養サポートチームの概要・目的

栄養サポートチーム(NST:Nutrition Support Team)は、医師をリーダーとして薬剤師、栄養士、検査技師、言語聴覚士、事務、看護師の17名のメンバーで構成されています。月に一度の委員会の中で、 NSTラウンドの対象患者さんのカルテ回診、意見交換しながら実際にラウンドする患者さんを決定し、実際に会いに行き栄養状態の改善など検討して実践しています。