文字の大きさ
看護部の紹介

副院長、看護部長
木村 弘江

看護部長メッセージ

「共に学び、共に育つ 豊かな心と実践力を持つ看護師の育成」

当院では、世田谷区の総合病院として、急性期・がん・二次救急医療を中心に、安全で安心な医療・看護の提供に、職員一人ひとりが日々取り組んでおります。人生100年時代と言われる現在、患者さんはじめ地域の皆さんが人生をよりよく生きていけるように、最適な医療・看護と退院後の生活支援中心に、将来にわたって寄り添っていきたいと考えています。

当院は、看護提供体制としてPNS(パートナーシップ・ナーシング・システム)を取り入れています。これは、看護師の経験に関わらず、2人の看護師が複数の患者を受け持ちながら看護ケアを提供し、互いに補完し相乗効果を発揮しながら、その責任と成果を共有し、患者さんにとって安心で安全な質の高い看護を提供するという看護提供体制です。

また、看護教育体制は、基礎コース、キャリア発展コースを基盤にした卓越したジェネラリスト、スペシャリスト、看護管理者・教育者を柱とした人材育成に取り組んでおり、看護師一人ひとりの努力と存在を認め、看護師を大切に育てる「共育」の仕組みがあります。

そして、ワークライフバランスを支える充実した福利厚生や看護宿舎や院内保育園などのサポート体制も整っており、看護師として安心して働き続けられる環境があると考えています。

これから看護師となる皆さん、看護師としての第一歩を当院でスタートしてみませんか。当院職員はもとより、なによりも患者さん地域の皆さんが新しく看護師になる皆さんを心待ちにしています。