文字の大きさ
教育体制

中途採用者からのメッセージ

燕 千尋 5東病棟/2015年8月入職

燕 千尋

看護の幅を広げたいと思い、総合病院である当院に入職

他院で6年間経験を積んだ後、当院に入職しました。それまで呼吸器内科の看護に携わってきて、看護の幅を広げたいと思ったことが理由です。当院はさまざまな診療科があるので、自分の希望に合っていると感じました。また、面接時に看護部長さんから「これまでの経験を活かして活躍してほしい」というエールをいただき、「ここで働きたい」と思いました。

未経験だった循環器の手術やカテーテル検査の看護を担当して成長

当院は中途採用の方が多く、温かくサポートしてくださったおかげでスムーズに馴染むことができました。循環器に関する病棟に勤務するのがはじめてで、手術やカテーテル検査もまったく経験がなく不安もありましたが、経験豊富な先輩がフォローしてくださり、落ち着いてできました。
心電図の読み取りも、教科書通りの波形はひとつもないのでむずかしいです。これも先輩が分かりやすく教えてくださり、読み取れるようになってきました。こうして新しい知識や技術を身につけることがうれしく、モチベーションにつながっています。

優れたジェネラリストを目指してさまざまな領域の看護に携わりたい

私は優れたジェネラリストを目指しているので、今後は院内外問わずいろいろな研修に参加して、看護を深めていきたいと考えています。看護部は研修参加の支援もしてくださるのでありがたいです。将来は他の部署も経験して、幅広い知識と技術を身につけたいと思います。

大霜 諒大 5西病棟/2015年9月入職

大霜 諒大

さまざまな科がある当院で看護師として新たなチャレンジ

去年まで小規模な病院で、症状の軽い患者さんに対して看護を行っていました。これから看護師として成長するために、さまざまな診療科がある大規模な病院で働きたいと思い、当院に入職しました。
環境が変わり、最初は戸惑うこともありました。例えば、以前の職場は紙のカルテだったのですが、当院は電子カルテが導入されています。「操作を間違って不具合を起こしたらどうしよう」という不安もありましたが、先輩がサポートしてくださり、すぐに慣れることができました。

がん患者さんとの関わりがキャリアのターニングポイントに

看護に関しても、はじめて経験することばかりでした。私が所属する病棟は肺がんで化学療法を受けておられる患者さんが多いため、副作用の観察やケアが大切です。まだ知識・技術共に十分ではありませんが、新たな知識や技術を学んだことで、キャリアのターニングポイントになったと感じています。
当院に入職して驚いたのは、教育体制が行き届いていることです。さまざまな研修や部署の勉強会が開かれる他、自己学習ではEラーニングを活用することもできます。優秀な先輩がたくさんいらっしゃることも大きな魅力です。分からないことがあれば、まず自分で調べ、それでも分からない場合は質問するようにしています。先輩方は分かりやすくアドバイスしてくださるのでスキルアップにつながっています。

経験・学習を積んで自分の力を発揮できる道を見つけたい

今のところまだ、自分がどの領域に進みたいのか、明確なビジョンはもてていません。今後は院内・院外さまざまな研修に参加し、機会があれば他の部署の看護も経験して視野を広げ、自分の力を最大限に発揮できる道を見つけたいです。

藤井 友晴 3西病棟/2012年入職

藤井 友晴

看護師として成長するために新しい医療を展開する当院へ

約10年、他院で経験を積んだ後、当院に入職しました。キャリアの節目をむかえ、新しい技術を取り入れた医療を展開する病院でスキルアップしたいと考えたことが動機です。当院はキャリアアップできる環境が整っていることや、立地条件が自分に合っていたことが入職を希望した決め手となりました。
特にキャリアパスがあることは大きな魅力でした。以前勤めていた病院は、経験年数によって役割分担をしていたのですが、キャリアパスではレベル毎に果たすべき役割や目標がはっきりと示されているので、高いモチベーションをもって働けることがうれしいです。

研修を受け、脳外科の看護や退院支援に対する理解を深める

現在私が所属するのは、脳外科・外科・泌尿器科・眼科と、内視鏡を使った手術などを行う光学医療診療科の混合病棟です。5つの診療科が対象となるので、幅広い知識が必要となる他、重症の患者さんもいらっしゃるため状態の観察力も求められます。
私は脳外科の経験がなかったのですが、医師による勉強会を開いていただき、理解を深めることができました。こうした研修や勉強会が多いことも当院の特長です。全体研修だけでなく、部署内でも日々の看護の中で生じる疑問や課題をテーマにした勉強会が開かれます。さまざまな研修・勉強会がある中で、特に退院支援の研修が役立ちました。これから在宅医療の重要性が高まるので、今後に活かせると思います。

ジェネラリストとしてレベルアップすると共に部署をまとめるリーダーシップを発揮したい

当院で働くようになり、当初掲げていた“看護師としてスキルアップする”という目標に向かって仕事に取り組めていると感じています。今後もジェネラリストとしてのレベルアップを図ると共に、リーダーシップを発揮して部署をまとめいきたいと考えています。また、ご家族の支援にも力を入れていきたいです。看護師としてのゴールはありませんが、それが「もっとがんばろう」というモチベーションになっています。

馬内 慎也 6階西病棟

馬内 慎也

スキルアップを目指し、大きな病院へ

経験3年目で規模の大きな病院で様々なことを学び経験を深めたいという気持ちがあり、紹介された病院が関東中央病院でした。急性期、ICU希望でしたが配属は消化器内科で病棟勤務まで憂鬱でした。

些細なことを気兼ねなく問える、素敵な関係がある

しかし実際に病棟勤務になるとプリセプターが付いて教えてくださると共に、入職間もなく戸惑う私を見て声をかけてくださるスタッフの方々がおり、働きやすい環境であり、スタッフ間の雰囲気も良く、すぐに病棟に馴染むことができました。また、看護師や医師といった他職種との関係も良いことに驚きました。 医師に対して看護師が思ったことや些細なことを気兼ねなく問える素敵な関係であると思います。

支援体制も充実

働きやすい所だけでなく、公休、有休、レク休などとしっかりと休みがあり、リフレッシュできること、手当てがしっかりとしている所もうれしいところです。

現在関東中央病院に就職して2年目ですが、私が就職して1年と何カ月の期間で環境面や看護も新しいものを取り入れ改善してくれる病院だと思います。