文字の大きさ
各部署紹介

ICU

ICU

ICUとは、Intensive Care Unitの略で「内科系、外科系を問わず呼吸・循環・代謝、その他重篤な急性機能不全患者さんを収容し、強力かつ集中的に治療を行うことによって、その効果を期待する部門」と定義づけられています。

病棟の特長

当院ICUの病床数は個室2床(陰圧室含む)を含む6床で構成され、各診療科の主治医の指示の下、患者さん2人に看護師1人が対応しています。主な診療内容としては術後患者さん管理、救急患者さんの全身管理、院内急変患者さんの対応を行っています。また、東京都では救急医療体制の充実のため「CCUネットワーク」と「脳卒中ネットワーク」をもうけており、当院も参加しています。
患者さんの状態を24時間モニタリングしながら状況に応じて人工呼吸器や血液浄化装置など生命維持装置を駆使して診療・看護にあたり、常に患者さん・ご家族さまが安心できる治療環境の提供に心がけています。また、医師、看護師、臨床工学士、薬剤師とともに「安全で適切なチーム医療を提供する」と「患者さん・ご家族の思い・意思決定を尊重し、信頼関係を築き丁寧で安心できる医療と看護を提供する」この2つを目標としています。

「安全で適切なチーム医療を提供する」ために日々メディカルチームでカンファレンスを行い、ICU看護師は、より的確なフィジカルアセスメント能力と細胞レベルでの思考・分析能力、急激な変化にも対応できる判断・処理能力が求められるため、研修会への参加など日々勉強し努力しています。日々の勉強のために月1回程度の疾患や医療機器の勉強会の開催、BLS、ACLSなどの講習、新入職者に対してはPNSに準じた方法を活用しスタッフ一丸となって育成に取り組んでいます。

また、「患者さん・ご家族の思い・意思決定を尊重し、信頼関係を築き丁寧で安心できる医療と看護を提供する」ためには患者さんの身体的側面だけに留まらず、心理的、社会的側面にもアプローチする看護を行っています。また、不安、悩みなどを抱えているご家族に対しても積極的に関わり、情報提供や相談対応できるよう支援しています。
ICUは特殊な環境だからこそ、患者さん・ご家族が話しかけやすい雰囲気づくりや環境づくりに心がけ、細部にまで行き届く治療・看護を提供できるよう努めています。