文字の大きさ
各部署紹介

地域医療連携室

部署の特長

当院の地域医療支援病院・急性期病院という役割の中で地域と病院・患者と地域の暮らし・院内の多職種など様々な場面での「連携」を図ることを主な仕事としています。これらの役割を担うために、スタッフ構成は、室長・副室長・事務・MSW・看護師を併せて17名で構成されています。

求められる看護

「地域と病院の連携」

事務職が中心となり、地域の医療機関から紹介予約や、治療後の医療継続の目的で報告書送付などを行っています。

「患者と地域の暮らしの連携」

MSW・退院支援看護師を中心に、「患者」から「地域で暮らす人々」という視点をシフトして安心して療養できる環境を選択できるよう支援しています。
療養上の心配事や希望などを患者・家族と一緒に考えながら、それぞれの退院の課題解決の手伝いや医療・介護体制の調整をしています。

「院内の多職種との連携」

情報や支援にあたってゴールの共有、役割分担、進行状況の確認などを行い、多職種がそれぞれの専門性を生かして一つの目標に向かって助け合いながら実践していくことをモットーとしています。

部署の雰囲気

看護師は、1名が入院の受け入れや病床管理に関する業務を担い、2名が退院や転院に関する相談・調整を行っています。病気や治療に伴い生活状況が変化し、身体機能が低下することがあります。そのようなときに、患者や家族がどこでどのような療養生活を送りたいかなどを聞きながら、よりよい生活場所の検討・決定をすることができるよう支援することを目標としています。