文字の大きさ
各部署紹介

5階東病棟

5階東病棟は主に循環器内科、心臓内科、腎臓内科として稼動していましたが、昨年7月には血液浄化室と一元化、12月より神経内科、代謝科を含む一般45病床の病棟となりました。当院は東京都CCUネットワークに加盟しているため、主に虚血性心疾患(心筋梗塞・狭心症)・心不全の患者さんが入院しています。

病棟の特長

循環器疾患の特徴は、緊急性のある患者様の入院や集中治療室から退室された患者さんの対応を行う必要があるということです。治療・検査として、心臓手術術前後の管理、心臓カテーテル検査と治療、心筋焼灼術という不整脈治療、ペースメーカー植込み術などを行っており、その手術に関連する看護と退院指導を行っております。病棟目標に、患者様、ご家族に安心で安全な医療・看護を提供するという目標を掲げ、患者さんの変化を見逃さず、必要な治療をスムーズに受けられるよう、疾患、心電図の学習を行い日々研鑽し、医師、薬剤師、臨床工学士、理学療法士とタッグを組んで、患者さんが退院後の生活においてより良きものになるようチーム治療を進めています。