文字の大きさ
各部署紹介

3階東病棟
(外科・光学医療診療科)

部署の特長

3階東は46床の、外科・光学医療診療科の混合病棟です。消化器外科では食道・胃・肝・胆・膵・大腸、呼吸器外科では肺・甲状腺等の手術を扱っています。また、手術前後の化学療法の入院患者も多く、術前から術後まで患者個々の回復過程に寄り添った医療・看護を大切にしています。退院支援においては、地域の医療・介護職や院内のソーシャルワーカー・退院調整看護師・緩和ケア認定看護師などの様々な視点で、患者の療養意向を尊重した支援を心がけています。

求められる看護

周術期看護を基礎とし、緩和ケア、疼痛コントロール、抗がん剤治療、放射線療法など様々な看護スキルが求められます。専門的知識を深める機会として、定期的な職場学習会の企画運営や、有給休暇を使った外部研修参加を推奨しています。退院の日に患者さんから「ここで治療してよかった」と言ってもらえるような看護を目指しています。

部署の雰囲気

医師10数名、看護師30名弱、看護補助者数名、担当薬剤師1名で構成されている病棟です。看護師の平均年齢は29歳、20代後半が半数を占める活気のある病棟です。3年前からPNSを導入しており、仕事は常に話し合いながらすすめていくので、ナースステーション内でも声が絶えません。係・委員会活動もペア同士・チーム全体で協力しあい、日常的に活動している姿を見ます。また、コーヒー部、カレー部、マラソン部などの遊びの活動もある楽しい病棟です。