文字の大きさ
各部署紹介

5階東病棟
(循環器内科・心臓血管外科・神経内科・代謝内分泌内科)

部署の特長

5階東は循環器内科、心臓血管外科、神経内科、代謝内分泌内科の病棟で、主な疾患は、心筋梗塞、狭心症、心不全、パーキンソン症候群、糖尿病です。特に、循環器内科・心臓血管外科においては東京都CCUネットワークに加入しており、冠動脈血管内治療は年間120件と多く、また開心術も約40件行っています。一人でも多くの患者がご自身や家族の望む生活に戻れるよう、心臓リハビリテーション指導士や薬剤師、栄養士、MSWと連携を図っています。

求められる看護

術後の管理や循環動態の管理において専門的な知識が必要となるため、医師やMEと勉強会を重ね、知識の向上を図り急性期看護を実践しています。また一方では患者・家族の考え方や生活状況を捉え、退院後の生活を共に考え支援する看護を実践しています。

部署の雰囲気

看護構成は看護師長、主任看護師、看護師、看護補助者、病棟クラークを含め、30数名です。看護提供体制のPNS(パートナーシップ・ナーシング・システム)としてマインドを重視しながらスタッフ一丸となって業務に当たっています。今年はママさん看護師も増えました。お互いの良いところを認め支えつつ、成長しているところです。