文字の大きさ
各部署紹介

6階西病棟イメージ

6階西病棟イメージ_2

6階西病棟(消化器内科)

部署の特長

6階西は消化器単科の内科病棟です。
検査・治療目的で入院する方や、緊急入院でそのまま検査・治療を受けるケースも多く、経皮的ラジオ波焼灼療法(RFA)には全国から治療を受けに患者が来院します。
内視鏡的逆行性膵胆管造影(ERCP)や化学療法は、継続的治療のために繰り返し入院される患者が多いのも特長です。
益々、高齢・独居という生活スタイルの方が多く、入院時から退院に向けての支援が必須になり医師・ソーシャルワーカー・退院調整看護師を交えた他職種カンファレンスを通し、患者の社会的背景を考慮した退院支援を行っています。

求められる看護

入院患者には、既に癌告知を受けている患者・家族、入院中に初めて告知を受ける患者・家族、ターミナル期等、患者の背景は様々です。ひとり一人の患者に身体的看護に加え精神的看護も必要です。緩和ケア認定看護師への依頼や倫理カンファレンスを行い、自分の看護を振り返る機会を設けています。
看護方式のパートナーシップ・ナーシング・システムでは年齢・経験年数の違うペアとの共働作業からシナジー効果が得られています。

部署の雰囲気

看護師の年齢は20、30代が大半を占めています。男性看護師もおり新人から看護師経験20年以上のベテラン看護師と年代が揃っていることは、それぞれに仕事や社会情勢を教える、教わる関係が出来バランスがとれています。役割業務に関してはメンバー間での話し合いやコミュニケーションが図れ、協力的な関係が保たれています。
病棟では気持ち良く仕事を始める、終了時にはお互いをねぎらう気持ちで仕事を終えるために、おはようございます・お疲れ様でしたの挨拶とありがとうの声かけマナーを徹底しており明るい雰囲気の病棟です。